「寝る子は育つ」という言葉がありますが、本当にたくさん寝れば身長が伸びるのでしょうか? 結論からいうとこれは事実で、睡眠時間をたっぷりと確保することによって、身長が伸びやすくなります。 なぜ、寝ることが大切なのかというと、寝ている時に成長ホルモンが分泌されるからです。 逆にいえば寝ていないと成長ホルモン(体の成長と代謝をコントロールしているホルモンです)の分泌が不十分なので、身長が伸びない可能性があるということなのですね。 そのため、身長を伸ばしたい場合は、ちゃんと寝るようにしましょう。 しかし、ただ単に?多く寝れば良いというわけではありません。 理想(誰でも一度は考えたり、想像したことがあるのではないでしょうか)の睡眠時間と寝ていた方が良い時間帯と言うのがあります。 まず、理想の睡眠時間は7時間〜8時間になります。 小学生(一年生と六年生ではずいぶん違うものですよね)くらいまでであれば、十時間くらい睡眠時間を設けても構いません。 理想の時間帯は、成長ホルモンの分泌が活発になる夜10時〜深夜2時の間です。 この時間帯に寝ていれば、非常に多くの成長ホルモンが分泌されるので、身長が伸びる可能性が高まると思いますー